オンラインヘルプ

Vectorに公開したアプリケーションのオンラインヘルプ

検査試薬品データの構築手順

MedicalUseでは「検査試薬品データ」などのサンプルDBデータを同梱し配布していましたが、配布データが肥大になりましたのでDBデータを同梱せず利用者が構築することといたします。そのための構築手順を下記に説明します

 

「SpecimenReagenta」はひとつの機能に絞ることで、試薬品データを含んで配布し、直ぐに利用できるようにしました

 

1.試薬品データ一覧の作成

 梱包してある「サンプル検査試薬品データ」(mst_item.csv)に倣い当該施設の検査試薬品データ一覧を作成してください

 

 

 2.インポート画面の表示

ランチャーTABより「データインポート」を起動します

ランチャーTABが非表示のとき、TAB上のショートカットメニュー(右クリックメニュー)、「共通各種ツール」の「ランチャー」から表示します

 f:id:syskobo:20201006171923p:plain 

 

3.試薬品データのインポート

インポートファイルに、1.試薬品データ一覧の作成で作成した「mst_item.CSV」をパスを含めて入力します

f:id:syskobo:20200617194959p:plain

DBMS名称は 「buturyu」にしてインポートを行います 

 

 4.インポートデータの確認

ランチャーTABより「試薬データ一覧」を起動します 

試薬データ一覧が表示されればインポートは成功です

f:id:syskobo:20201006172504p:plain

 

 5.GS1コードの読み込み

 試薬の箱に印字してあるGS1コードをバーコードリーダーで読み込みます

GS1コード対応のバーコードリーダーが無い場合は

\Documents\SpecimenReagent\csvData\_GS1コード_サンプル.txt

をお試しください

f:id:syskobo:20201006172803p:plain

JANコードでの運用も可能ですが、「ロット番号」、「使用期限」の手入力が必要です

 

6.在庫一覧の出力

 在庫一覧TABで集計期間の入庫、出庫の合計を表示します

エクセルへエクスポートし活用してください

f:id:syskobo:20201006175339p:plain

 

syskobo.hatenablog.com

 

東証上場銘柄一覧の更新手順

SimpleUseでは「東証上場銘柄一覧」のサンプルDBデータを同梱し配布しています
しかし「東証上場銘柄一覧」のデータは毎月更新されるので、データのアップデート手順を下記に説明します

 

1.東証上場銘柄一覧のダウンロード

下記のサイトより東証上場銘柄一覧データをダウンロードします

www.jpx.co.jp

 

f:id:syskobo:20200903172114p:plain

 data_j.xls ファイルをダウンロードします

 

2.東証上場銘柄一覧の取り込みの準備

ダウンロードしたエクセルファイルを開いてシート名を変更します

Sheet1  →  東証銘柄

シート名がDBのテーブル名になります 

 

3.東証上場銘柄一覧のインポート

ランチャーの「各種データのインポート」よりインポート画面を起動します

ランチャーTABが非表示のときは、TAB上の右クリックメニューより「共通各種ツール」の「ランチャー」で表示します

f:id:syskobo:20200622083849p:plain

 

ファイル種別をEXCELファイルにします

インポートファイルにダウンロードしたEXCELファイルをパスを含めて入力します

f:id:syskobo:20200903170533p:plain

DBMS名称は 「jpx」にしてインポートを行います

インポート処理では文字コードの自動判別を行っています

 

4.東証上場銘柄一覧のWEB連携

 東証上場銘柄一覧を表示し、インポート出来たか確認します

日付カラムの変更が確認出来たらインポート出来ています

f:id:syskobo:20200903171323p:plain

WEB連携の設定は組み込み済みです

東証上場銘柄一覧のシュートカットメニューから行ってください

f:id:syskobo:20200903171538p:plain

 

以下は株価情報を表示するための操作手順動画です

youtu.be

駅データの構築手順

SimpleUseでは「駅データ」などのサンプルDBデータを同梱し配布していましたが、配布データが肥大になりましたのでDBデータを同梱せず利用者が構築することといたします。そのための構築手順を下記に説明します

 

1. 駅データのダウンロード

下記のサイトより駅データをダウンロードします

ekidata.jp

ダウンロードするには会員登録が必要です

下記の最新データを名前を付けて保存します

事業者データ ⇒ company.csv

路線データ  ⇒ line.csv

駅データ   ⇒ station.csv

接続駅データ  ⇒ join.csv

f:id:syskobo:20200622082634p:plain

 都道府県マスタ ⇒ pref.csv

f:id:syskobo:20200622082710p:plain

 

2. 駅データのインポート 

ランチャーの「各種データのインポート」よりインポート画面を起動します

ランチャーTABが非表示のときは、TAB上の右クリックメニューより「共通各種ツール」の「ランチャー」で表示します

f:id:syskobo:20200622083849p:plain

インポートファイルにダウンロードしたCSVファイルをパスを含めて入力します

事業者データ ⇒ company.csv
路線データ  ⇒ line.csv
駅データ   ⇒ station.csv
接続駅データ  ⇒ join.csv
都道府県マスタ ⇒ pref.csv

の5ファイルのインポートを行います

f:id:syskobo:20200622084157p:plain

DBMS名称は 「ekidata」にしてインポートを行います

インポート処理では文字コードの自動判別を行っています

 

 3.駅データ一覧表示およびGoogleマップ連携

駅データ一覧を表示し確認します

f:id:syskobo:20200622084704p:plain

Googleマップ連携の設定は組み込み済みです

駅データの右クリックメニューから行ってください

f:id:syskobo:20200622085420p:plain

 

最新データは 2020-06-19です

 

以下はGoogleマップへの連携操作動画です

youtu.be

住所データの構築手順

SimpleUseでは「住所データ」などのサンプルDBデータを同梱し配布していましたが、配布データが肥大になりましたのでDBデータを同梱せず利用者が構築することといたします。そのための構築手順を下記に説明します

f:id:syskobo:20200618170730p:plain f:id:syskobo:20200618170703p:plain


1.住所データのダウンロード

下記サイトよりダウンロードしてください

jusyo.jp

 全国版の csv_zenkoku.zip をダウンロードし展開します

2.インポート画面の表示

ランチャーTABより「各種データのインポート」を起動します

ランチャーTABが非表示のとき、TAB上の右クリックメニュー、「共通各種ツール」の「ランチャー」から表示します

f:id:syskobo:20200622083849p:plain
 

3.住所データのインポート

インポートファイルに解凍した「zenkoku.csv」をパスを含めて入力します

f:id:syskobo:20200617194959p:plain

DBMS名称は 「zenkoku」にしてインポートを行います 

 4.住所データ一覧表示およびGoogleマップ連携

住所データを表示し、インポート出来たか確認します

f:id:syskobo:20200618170730p:plain  

Googleマップ連携の設定は組み込み済みです

住所データの右クリックメニューから行ってください

f:id:syskobo:20200618170703p:plain